教育業界で仕事してきた夫婦のブログ
みゆ=理系 たか=文系
現場で感じたこと、常日頃考えていることを、
受験を目指す人とその保護者の方に向けて綴っていきます。

数学を苦手にしないようにするために大切なこと

みゆです。

f:id:miyutakaX:20170719093137j:plain

今日は苦手な人が多い数学についての話です。
私は理系出身のため数学は「量」さえこなせば解けるようになると思っていました。
この考えは半分正解で半分間違いでした。
例えば高校まで数学嫌いを引っ張るとそもそも「量」をこなせる力がないので得意になりづらい。
そして量をこなせないから計算ミスも必然に増える、習う範囲が広いのですぐ前に学習した単元を忘れる!
これは受験生である中学3年生にも同様の現象が生じやすい。

 

また塾で勤め始めた頃、中学生の数学なんてすぐに成績が伸びると思っていました。
しかしテストでは単純な連立方程式の計算ですら間違える、何度やっても計算ミスの連発、文章題はお手上げ
テストで点数が取れないのです。
で、途中で気づいたんです。
そもそも小学生の算数が出来ていない、分数の計算ですらあやうい。
中高生で数学が苦手な方はおそらく小学生の頃からつまずいていた確率が高い。
小学生のお子様を持つ保護者も小学生のテストなんて…と簡単に考えていますが、数学を苦手にならないための条件は小学生の頃にしっかり算数を学習することが本当に大切です。
厳密に言えば、算数のみを重点的に学習できる時間を持てるのは小学生の頃しかないのです

では、何ができればいいのかを考えてみましょう。