教育業界で仕事してきた夫婦のブログ
みゆ=理系 たか=文系
現場で感じたこと、常日頃考えていることを、
受験を目指す人とその保護者の方に向けて綴っていきます。

産近甲龍5同意英文


みゆです。
f:id:miyutakaX:20170719153852j:plain
産近甲龍はゴリ押し暗記対策が通用しますので、今日も効率よく学習して合格を勝ち取りましょう!
ただしこの勉強法は「毎日」することに意味がありますので、必ず毎日、前日の復習を行いましょう。


産近甲龍 本日の単語

毎日、単語覚えていますか?
これは毎日続けないと意味のないこと。必ずルーティン化させてくださいね!
※単語は全問正解するまでくり返しやりましょう!

産近甲龍 文法 同意英文

[1問目]
この問題のポイントは Weren't you です。これに気がつけば1と4の選択肢はすぐに消すことができます。
1はbe動詞wereから一般動詞didに言い換えたもの、4は疑問形が否定形になったもの。この2つを選ぶとweren't you の意味が分かっていないということになるので文法問題の復習が必要です。

残りの2と3は和訳で考えます。

Weren't you (the one) who was selected to be the leader?

whoの先行詞がthe oneですので

問題文はリーダーに選ばれた人はあなたですよね?という文になります。

またbe selected toが受動態であることに気付けるかもポイントの一つです。

3はyou were the one who picked the leader.あなたがリーダーを選んだ人と能動態なっています。

選択肢を選ぶポイントが必ずありますので、どこがポイントになるかを常に考える癖をつけましょう!また「間違った選択肢はなぜ違うのか」も一緒に考えるとさらに力がつきます。


[2問目]
この問題のポイントはseem to と more easily than adults do です。和訳で考えないといけない問題です。
問題文は「子供たちは大人よりも簡単に友達ができるように思われる。」
間違えているポイントを赤文字にしています。1は大人と友達になる、と書かれていますが、大人に限定していません。2はwhether A or Bな ので、年齢にかかわらずという意味になりますが、子供は○○であると問題文にかかれているためこれも間違いです。4は問題文と反対の事を書いていますので、即消せる選択肢です。
答えの2のappear は seem toの言い換え  for adults to =for人to で人が~することは~と和訳できるため、大人が友達を作るのは子供よりも難しいとなります。
「AがBをした」を「BがAをされた」と言い換えるパターンも頻出です。誰が何をした、は常に気にする癖をつけましょう。

[3問目]
この問題はまず1は即消せます。The responsible boss 責任があるのはボスではありません!ボスは私にレポートを直すように伝えただけです。

次に4ですが I'm not really a responsible person 私が責任者ではない、とかかれていますがmy responsibility は「責任者」という意味ではありません。

2は let me change the report in the way I wanted to.に着目です。私がしたいようにレポートを変えさせる。という意味となります。let A doの使役動詞とin the way S+Vの意味が分かるかどうかが重要です。

解答の3は(私以外の)別の誰かがレポートを担当することになっていたが、ボスは私にそれを直すように伝えた。問題文は私に責任がなくても、ボスは私にレポートを直すように伝えた。の訳となります。

問題文が「A~,B~」の英文の場合、選択肢には「A~,C~」「C~,B~」など前後で因果の異なる選択肢が用意されているケースも多いですので、気にする癖をつけましょう。
副詞 responsibly 形容詞 responsible 名詞 responsibility
文法で説明しますが、この3つは品詞まで覚えてください!

単語、B→AとCにカードを分けて、Aを覚えてくださいね!