教育業界で仕事してきた夫婦のブログ
みゆ=理系 たか=文系
現場で感じたこと、常日頃考えていることを、
受験を目指す人とその保護者の方に向けて綴っていきます。

春秋要約 2017.8.13

春秋要約ルール=40字1文、みゆとたかがそれぞれの要約を掲示する。判断は読者!

【元の記事】

14~15世紀に最盛期を迎えた海洋通商国家ベネチアは、地中海沿岸の主要都市や英国などとの航路にルールを設けていた。船は国有とし、輸送料を払えば誰でも荷を積めた。料金には上限を定め、財力のある商人が値をつり上げて船の利用を独占することも防いでいた。

▼塩野七生さんが「海の都の物語」で紹介している。一連の仕組みは中小の商人にも貿易の機会を均等に与える狙いがあった。大商人による独占は経済の硬直化をもたらし、国を衰えさせる。だからどの商人も活発に取引ができることが必要だ、と考えていたという。海洋国家の繁栄には、それを支える工夫があったわけだ。

▼健全な競争環境をつくる点では、今の世界も知恵が試されている。グーグルやアマゾン・ドット・コムなど米IT(情報技術)大手による寡占への懸念がある。誰が何を検索し、何を買ったかなどの膨大な蓄積情報が武器になり、さまざまな市場で支配力が強まりかねない。ベネチアのように競争政策の役割は小さくない。

▼ただ企業への規制強化が行き過ぎては、経済の活力が失われる心配もある。じつはベネチアでは、国有船を就航させて輸送料の管理も国がしていたのは、決められた日程で運航する定期航路についてだった。それ以外の航路では国は民間の取引への介入を見送った。規制と放任のバランス感覚こそ参考になるかもしれない。

                                                      (出典:日本経済新聞「春秋」2017.8.13)

【みゆの要約】

昔も今も健全な経済の競争環境を作るには、政府による規制と放任の舵取りが重要となる。

※要約のポイント

14世紀ベネチアも今の世界も健全な経済の競争環境を作るための工夫がなされている→第1~4段落、語字数により「昔も今も」と表現

規制と放任のバランス感覚が参考になる→結論の第4段落部分、「バランス感覚」を「政府による舵取り」に言葉を置き換える

【たかの要約】

IT大手による市場の行き過ぎた支配を回避するには、規制と放任の調和政策が必須だ。

※要約のポイント=第①段落のベネチアの話は、IT大手の話とは対比にはなっておらず、筆者の主張を補強する同一事例なので思い切って切り捨て③、④段落に要点を絞って要約した。