教育業界で仕事してきた夫婦のブログ
みゆ=理系 たか=文系
現場で感じたこと、常日頃考えていることを、
受験を目指す人とその保護者の方に向けて綴っていきます。

春秋要約 2017.8.26

春秋要約ルール=40字1文、みゆとたかがそれぞれの要約を掲示する。判断は読者!

【元の記事】

 高校野球の決勝戦が終わると暑い季節の終わりも近い。高校生の集う全国大会といえば甲子園が注目されるが、彼らの活動はもちろん野球だけではない。ほかの各種スポーツに文化系クラブ。さらに最近広がるのが社会貢献活動だ。甲子園ばりの全国大会も増えている。

▼先日、ボランティアに取り組む高校生が全国からさいたま市に集まり、活動を発表する大会があった。ある工業高校には故障などで不要になった車いすを修理し、途上国に無償で届ける部活動がある。14年間で2000台を贈った。「工業高校生として身につけた技術を人のために生かせてうれしい」と生徒の1人は語る。

▼きょうまで横浜市で開かれているのが「商業高校フードグランプリ」。地元企業などと食品を開発、実際にスーパーなどで販売する。なすを使ったプリン、甘酒入りドレッシングなど、特産品を生かした地元愛にあふれる品ばかり。来場する大人に堂々と思いを語る高校生たちの姿が楽しそうで、見ていてもすがすがしい。

▼「いいことをした若者をほめるのも大人の役割」と、ボランティア活動の大会を主催する財団法人の幹部は語る。フードグランプリは食品卸の会社が「食に関心を持つ若者を育てたい」と持ち出しで支える。社会に関わりたい、誰かの役に立ちたい高校生と、志を応援する大人たち。いい夏の思い出を持ち帰れただろうか。

(出典:日本経済新聞「春秋」2017.8.26)

 

【みゆの要約】

 高校生が充実した社会貢献活動を行うためには、大人の褒め言葉の応援も欠かせない。

※要約のポイント または 思考の足跡(=推敲の変化)

高校生の社会貢献活動、志を応援する大人たち、のフレーズをどう繋げるかを考えた。2、3段落の内容を「充実した社会貢献活動」と表現し、後半部分は「応援」だけでは字数が不足したため、「褒め言葉の応援」、と応援の内容まで掘り下げて書いた。

※たかのツッコミ( 国語教師的見解)

 「大人のアシストがないと高校生の社会貢献活動はできないよ!」って言ってる感じがする。それは真摯に取り組んでる彼らに対して失礼じゃありませんか~~~??彼らはきっと「オレたちは褒めてもらうためにやってんじゃねえ!」って言うと思いますよ。

【たかの要約】

 社会貢献したい高校生とその志を応援したい大人の双方の想いが結実してほしい。(37字)

※要約のポイント または 思考の足跡(=推敲の変化)

 ①社会に関わり人の役に立ちたい高校生とその志を応援する大人がボランティア活動を通してつながっている。(49字)

②社会貢献したい高校生とその志を応援する大人がボランティア活動を通してつながっている。(42字)

③社会貢献したい高校生とその志を応援したい大人の双方の想いが結実してほしい。(37字)

最初に本文の言葉をそのまま使ったら字数オーバーになってしまった。

みゆと同様、「高校生の社会貢献活動」と「志を応援する大人たち」の2つのキーワードをどう繋げるかを考えた。

文末の「いい夏の思い出を持ち帰れただろうか」の一文に筆者の願いが込められていると考えて②を③に変更した。

社会貢献したい高校生とその志を応援する大人がボランティア活動でつながってほしい。(40字)でもいいかもしれない。